アレシア税理士法人公式ブログ

無料住宅ローン借り換え代行及び住宅ローン控除確定申告の申し込み

以下の条件に当てはまる方はローン残高を減らせる可能性があります! ローン残高が1,000万円以上ある方 ローン残期間が10年以上ある方 現在の金利が3%以上の方 10年以上前にフラット35で契約した方 自分のローン残高がわからない方

実際にローンを削減した事例をご覧ください!

Case1 ローン残高3,000万円のA様 現在金利: 2.2%(変動)→借り換え時金利: 0.775%(変動) 総支払差額601万円削減
Case2 ローン残高2,500万円のA様 現在金利: 2.2%(変動)→借り換え時金利: 0.775%(変動) 総支払差額501万円削減
Case3 ローン残高2,000万円のA様 現在金利: 4.0%(固定)→借り換え時金利: 1.3%(10年固定) 総支払差額636万円削減

なぜここまで住宅ローンを削減できるのか?住宅ローン借り換えセンター7つの強み

例えば、東京都の場合、都内には地方銀行の支店を含め100を超える銀行があります。
当社の場合、その中から特に融資条件の良い20を超える銀行の営業担当窓口を設置しており、常に各銀行の商品や金利情報を収集している為、どこの銀行の融資条件が最も有利かという最新情報を持っております。

なお、インターネット等で各銀行の金利情報や融資条件等は公開されてますが、それはあくまで表面上の情報であり、実際はお客様によって条件が違うなど、一律の対応ではありません。

銀行は店頭金利という形で金利を公表しておりますが、これはあくまで店頭表示の金利(希望金利)であって、実際は店頭金利よりも低い優遇金利という制度を用いております。
この優遇金利はお客様の属性や与信によって変化する場合がほとんどです。当社のように銀行に多くのローン案件を紹介する専門家に対しては、紹介したお客様の貸付金利を優遇してくれる場合が多々あります。

また、当社の場合は、ギリギリまで金利交渉した後に、更にそこから金利を下げる為に、条件の良い複数の銀行間で競争させ、その中で最も条件の良い銀行を選択し紹介します。このようなプロセスを踏みますから、一般のお客様が銀行と交渉するよりも、有利な条件を引き出せる場合が多いというメリットがあります。

借り換えについては様々な費用がかかります。勿論、当社に依頼した場合もその費用がかかります。しかし、借り換えで毎月の利息額が軽減されるとしても、その為に、借り換え時に数十万円もの費用負担の為に、手持ちの現金を支出することに抵抗がある方が多いのが実情です。

銀行によっては、諸費用ローンとして借り換えに係る費用分をローンに上乗せすることで、自己資金0円が可能な場合もあります。※但し、選択する金融機関が限られる場合があります。
また、借り換えのみでなく、リフォーム工事や太陽光発電システム導入をセットで行うことで、そういった費用に当社費用を組み込むことで、手持ちの現金持ち出しなく分割で支払うことが可能になります。

借り換え手続きとはいっても、新規でローンを借りるのと手続きの煩雑さは変わりません。当初借りた時よりも、今、ローンを借り換えれば低い金利に変えられる事を知りつつも、多くのお客様は手続きの煩雑さを嫌がり、借り換え手続きを躊躇される方が多いのが実情です。

そういったお客様の煩雑さを出来る限り軽減できるよう、対応可能な部分は全てお客様に代行して当社が行います。

サービサーにて不動産を中心としたコンサルティング・登記サービス、都内会計事務所にて個人事業主の確定申告(節税対策・税務調査対応を含む)並びに相続税・贈与税申告業務を経験。
税理士としての知識と経験を生かしお客様に最適なサービスをご提案いたします。
        

(保有資格)

税理士
住宅ローン診断士

埼玉および都内税理士法人・会計事務所にて個人事業主の申告業務、資産税担当部署にて相続税・贈与税申告業務の他、コンサルティング業務を経験。
元大手受験予備校、相続税講師。資産税に詳しい税理士の立場からお客様にご満足頂けるサービスを提供いたします。

(保有資格)

税理士
住宅ローン診断士

住宅ローン媒介業務は提携会社のJMPパートナーズの住宅ローン診断士が担当いたします。
住宅ローン借り換え差益を利用したリフォームなどのご提案も可能です。
株式会社JMPパートナーズ

(保有資格)

住宅ローン診断士
貸金業務取扱主任者
宅地建物取引主任者

融資組成のコンサルティング業務を担当します。
毎日銀行まわりをしており、銀行のローン情報や審査基準は誰よりも私が把握しておりますので、安心してお任せください。

(保有資格)

住宅ローン診断士

借り換えが成功しない場合は、費用を頂きません。
さらにアレシア税理士法人にてお申し込みいただいた方限定で住宅ローン控除の確定申告代行も「無料」で行っております。
アレシア税理士法人の0円確定申告サービス

条件交渉は金利だけとは限りません。例えば、ローンの借り換えと同時にリフォームローンやソーラーローンを借り入れる場合の、リフォームローンの金額、金利、返済期間等の条件交渉も行います。
金利等の条件交渉や追加リフォームローン等の複合型はインターネット専業銀行では困難であり、店舗を構えている銀行だからこそ可能なサービスと言えます。

借り換えとリフォームローンをまとめた差額を使えば自己資金0円でこんな素敵なリフォームも可能に! 太陽光 キッチン オール電化 最新省エネ家電

取扱い住宅ローン総額50億円以上 ご利用頂いたお客様の声

住宅ローン借り換えセンターには、各銀行の特色や審査のポイントまで親身になって相談に乗っていただき、また苦手な手続きも殆どお任せして借り換えることが出来て本当に満足しています。

ローンの支払額を減少させた分の一部で、前から興味があった太陽光発電システムを思い切って設置した結果、毎月の電気代も驚くほど安くなりました。
これから増える子供たちの学費等で悩んでいましたが、毎月の住宅ローンの支払も電気代も安くなり、しかも、売電による副収入も得られ、これで安心です。本当に助かりました。ありがとうございます。

当初自分で金融機関と交渉していましたが、「専門会社に頼むと、もっと低い金利で契約できるよ」という知人の紹介で住宅ローン借り換えセンターに借り換え交渉をお願いしました。住宅を購入したのは12年前で、購入する際は不動産屋のアドバイスを元に、なんとなくローンを組んでいました。
その時は「気長にこつこつローンを払って行こう」という気楽な気持ちで、あまり金利などは気にしていなかったのですが診断してもらったところ、現在利用している金利より低い利率のローンに借り換えることのメリットを丁寧に教えていただき、ただただ唖然とするばかりでした。

最適なプランを提案してもらい借り換えた結果、700万円以上のローン支払額の削減が出来、更に妻が望んでいたキッチンのリフォーム代も捻出して、妻も本当に喜んでいます。
ありがとうございました。

金利は固定金利が良いのか、変動金利が良いのか悩んでいたのですが、ローンの支払い期間や毎月の支払い額はどのくらいが適正か、1から丁寧に整理して教えてもらい、私でも理解がしやすかったです。私は固定金利で借りてましたが、金利が安い分、元本の減り方が圧倒的に早い変動金利に変更しました。

申込みの時点では、ローン借り換えについての相談だけで十分と考えておりましたが、ローンを削減した分でリフォームが出来ると聞いたので将来一人暮らしの母親を呼び寄せて暮らすことを見越したバリアフリーにもする事が出来ました。
親身に相談にのっていただき感謝しております。

安心×確実×手間なし
自己資金0円から出来る ローン借り換えなら 住宅借り換えセンター

無料住宅ローン借り換え代行及び住宅ローン控除確定申告の申し込み



ページTOPへ戻る